Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/delicoffee/deli-coffee.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

普段飲みのコーヒーをGOLDBLENDからKREISエクスプレスコーヒーにかえてみました

普段飲みのコーヒーをネスレGOLDBLENDからKREISエクスプレスコーヒーに変えました。味は、個人の好みにもよりますが、自分にはあっていると思います。近くにカルディーコーヒーがあるときには、そこで買うのがちょっとですが、お得です。近くにカルディがない人はAMAZONでお安いときに購入を。インスタントコーヒの飲み方にはコツがいる。インスタントコーヒーのアルミシールは全剥がしでおねがいします。

ファミマのバターコーヒー飲んでみました。ちょっと遅いけど

あのバターコーヒーが身近なコンビニエンスストアー・ファミリーマートから発売されている。コーヒー自体は、ブラジル産「No.2」格付け豆をベースとし、コロンビア、グアテマラの3種類のアラビカ種をブレンドと贅沢に使用している。健康志向を強調した成分で、グラスフェッドバターやMCTオイルが入っている。価格も198円(税込み)とリーズナブルで、発売中!なぜか腹持ちが良い!

はまもと珈琲「はまもとブレンド」(兵庫県姫路市)

飲んですぐに感じたことは、「ものすごくバランスが取れた味がする」ということです。酸味や苦味も飛び出るものはありませんが、ちょうどよいほどに主張しています。まさに、良い意味で「万人受けする珈琲」だと感じました。もし、これから一生同じ珈琲を飲み続けなければならないとしたら、この珈琲を選ぶでしょう。よほどの珈琲嫌いなお客様以外のときには、この珈琲を出していれば問題ないといえるくらいのバランスの良さです。焙煎度は低く、豆によっては超浅煎りと思われる豆まで混じっています。もしかしたら、アフターブレンドかもしれません。

電動工具マキタからカフェポッド対応コーヒーメーカーCM501Dが出たって知ってる

電動工具で有名な「マキタ」が建設現場やアウトドアでのニーズに対応したコーヒーメーカーCM501Dを発売した。マキタの電動工具のバッテリーがそのまま使えるコーヒー粉は「カフェポッド」方式を採用。ホームセンターなので入手可能(価格は11,900 円(税別 バッテリ・充電器別売)寒い日の作業の束の間の休み時間は、このマキタ製コーヒーメーカーで淹れた温かいコーヒーで決まりかもしれませんね。

カリフォルニアのコーヒー発がん性物質に関する注意喚起でコーヒーまずくなるかも

訴訟大国の米国ですが、「また、やっちゃいました」という感がすごい裁判が係争中です。結論から言うと、まだ判決は出ていません。その裁判とは、「「コーヒーには、発がん性のある化学物質が含まれています」という注意喚起表示義務を怠(おこた)っている」というものです。現時点(2018年2月)では、「ヒトにおいてアクリルアミドが発がん性を持つという十分な証拠はまだ見つかっていません」。

定額制コーヒー(サブスクリプション型サービスの新しい形)はこれからの主流になるのか

客とのリアルなつながりを求めて出店した「ALPHA BETA COFFEE CLUB」、手軽さを重視している「ハンデルスカフェ」どちらも、店舗に立ち寄る習慣づけを計るために定額制を利用している点では一致しています。問題は、習慣化される前にこのサービスに飽きてしまうことがあると、定着化が難しのではないかと思います。

インスタントコーヒーのおいしい入れ方

インスタントコーヒーをおいしく入れる方法は、普段は、冷暗所に保存する。内蓋(うちぶた)は完全にきれいに剥がすこと。コーヒーカップにお好みの量のインスタントコーヒーを入れます大さじ1杯の水を入れて、スプーンでかき混ぜます。約90℃のお湯を注いで出来上がりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
トップへ戻る