Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/delicoffee/deli-coffee.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

空腹をまぎらすのにコーヒーがいいって知ってますか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
空腹をまぎらすのにコーヒーがいいって知ってますか

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

腹減ったーぁ。

仕事が、一旦終わる17時くらいになると、急に感じますよね。

この時に何かを食べては、ダイエット中のあなたにとって、「百害あって一利なし」です。

せっかく我慢してきた苦労も、水の泡と化してしまいます。

では、どうすればよいのか?

当サイトでは、コーヒーを飲んでしのぐことをおすすめしています。

では、その根拠は何かを、理解しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
sponsor link

1. 食欲には自律神経が関係している

極度に緊張しているときとか、大至急の仕事をこなしている時、あなたは「腹減ったーぁ。」って感じたことありますか?

ありませんよね。それどころではありません。

ではどうしてでしょうか。

それは、自律神経のうち「交感神経」が活発になっているからです。

よく聞く「交感神経」は、緊張している時や激しく運動しているような時に活発になる方です。

それに対して、「副交感神経」はリラックスしている時や食事中に活発になる自律神経の一種です。

なので、あせって仕事しているときは、空腹を感じないのです。

ということは、逆に考えると、夕方の6時ころになって空腹を感じる頃に、「あせって勉強や仕事をする」と交感神経が活発になり、空腹感は感じなくなるのですが、周りの人に「あいつは夕方になると調子よく張り切る奴だ」なんていわれて、変な噂が立ってしまうかもしれません。

そこで、何か方法はないかということになるのです。

2. コーヒーに含まれるカフェインをとって交感神経を活発にする

カフェインには、交感神経を活発にさせ、食欲抑制ホルモンの放出を刺激する働きがあります。

このカフェインの効果・効能を利用して、食欲を抑えるのです。

3. カフェインによる食欲抑制の効果

ただし、この効果あまり長続きしません。

もちろん、砂糖やクリームは入れません。

コーヒー1杯のカフェインでは、30分から1時間程度で空腹感軽減効果は消失してしまいます。

4. まとめ

  • 食事以外の時に、空腹感を感じてどうにかしたかったら、ブラックのコーヒーを飲んで、空腹感を抑えること。
  • この効果は、30分~1時間程度で消失する。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
トップへ戻る