Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/delicoffee/deli-coffee.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

おすすめジャズ名盤 Astrud Gilberto 「finest hour」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AstrudGilbertoFinesthour

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

Cafeに似合うJazzを紹介するコーナーの第一弾は、

ボサノバのディーバ(歌姫)であるアストラッド・ジルベルトのベスト盤「finest hour」です。

2曲めには、あの有名なイパネマの娘を始め20曲も入っているので、たいへんお得です。

日本では超有名なボサノバの歌姫ですが、母国ブラジルでは実はあまり有名ではないのです。

聴いてみるとわかりますが、ブラジル人なので、ポルトガル語で歌っているのかと思えば、そうではなく、英語でうたっています。

そんなところが、アストラッド・ジルベルトがブラジルでイマイチな人気である原因なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
sponsor link

聴きどころ

では、このアルバムの聴きどころはどこでしょうか。

それは、1曲めの「Tristeza(トリステーザ)」です。

そこにジョアン・ジルベルトのギターやウォルター・バンダリーのオルガンが絡んでいきます。

この曲の音響なんかへんですよね。

スタジオで録音したというよりも、ブラジルの暑く多湿の中、窓が開きっぱなしの体育館かなんかでとったものとしか思えないような音の響き方ですね。

でも、そこが良いのです。

アストラッド・ジルベルトの一聴すると「この人音痴なの?」と思うようなボーとした歌声にカッティングギターの音が交じり合い超一流のボサノバが、涼しい風とともに去っていくような気がして、私はこの曲を聴くと何もかも忘れられる、癒やしの曲なのです。

このアルバム、アストラッド・ジルベルトのベスト盤なのですが、2曲めの「ボサノバの娘」も最高です。

「ボサノバの娘」はまた別の機会に紹介します。

収録曲

1.Goodbye Sadness (Tristeza)
2.The Girl From Ipanema
3.Meditation
4.The Face I Love
5.Corcovado
6.So Nice
7.A Felicidade
8.Photograph
9.It Might As Well Be Spring
10.Wish Me A Rainbow
11.Fly Me To The Moon
12.Crickets Sing For Anamaria
13.Who Needs Forever?
14.Insensatez
15.Berimbau
16.Come Softly To Me
17.Trains And Boats And Planes
18.Canto De Ossanha
19.I’m Nothin’ Without You
20.In The Wee Small Hours

演奏者

João Gilberto (vo,g)
Stan Getz (ts)
Antonio Carlos Jobim,João Donato,Benny Aronov, Warren Bernhardt (p)
José Marino,Julio Ruggiero, Ron Carter,Tommy Williams,Joe Mondragon,Gene Cherico,Joseph Macho (b)
Claudio Slon, Bobby Rosengarden,Grady Tate,Milton Banana, Helcio Milito, Al Rogers, Bill Lavorgna (ds)
Walter Wanderley (org,p)
Bobby Rosengarden, Alan Douglas, Dom Um Romão, Jack Jennings,Airto Moreira, Robert Gregg (per)
Bud Shank (fl)
Milt Bernhart,Tony Studd, Urbie Green, Warren Covington, Wayne Andre,Mickey Gravine (tb)
Earl Chapin, Jimmy Buffington*, Ray Alonge, Tony Miranda (french-horn)
Barry Galbraith, Marcos Valle, Toots Thielemans,Kenny Burrell,Sal Di Troia (g)
Bernie Glow, Ernie Royal, Jimmy Nottingham, Marvin Stramm,Johnny Coles (tp)
John Barber (tuba)
George Devens,Gary Burton (vib)
Bill Hammond, Hubert Laws, Phil Bodner, Seldon Powell, Stan Webb (Woodwind)
Gil Evans (p,cond,arrang)
Bob Brookmeyer (valve-tb)
Dom Um Romão (berimbau)
Burt Collins, Joe Shepley (Flu-horn)
Benny Aranov, Frank Owens, Paul Griffin, Stan Free (key)
Joseph Ferrantello, Leon S. Cohen, Seldon Powell (sax)
Brooks Arthur, David White, Frankie Callen, Gene Maharrey, Linda (vo)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
トップへ戻る