Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/delicoffee/deli-coffee.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

自家焙煎コーヒー豆紹介一覧

香るコーヒーMagazine編集長が、理想のコーヒーを求めて全国各地の自家焙煎コーヒー豆をペーパードリップし、香りや味などを勝手に評価してしまいます。

はまもと珈琲「はまもとブレンド」(兵庫県姫路市)

飲んですぐに感じたことは、「ものすごくバランスが取れた味がする」ということです。酸味や苦味も飛び出るものはありませんが、ちょうどよいほどに主張しています。まさに、良い意味で「万人受けする珈琲」だと感じました。もし、これから一生同じ珈琲を飲み続けなければならないとしたら、この珈琲を選ぶでしょう。よほどの珈琲嫌いなお客様以外のときには、この珈琲を出していれば問題ないといえるくらいのバランスの良さです。焙煎度は低く、豆によっては超浅煎りと思われる豆まで混じっています。もしかしたら、アフターブレンドかもしれません。

豆香洞コーヒー「豆香洞ブレンド」「マイルドブレンド」(福岡県大野城市)

豆香洞コーヒー「豆香洞ブレンド」飲んだ瞬間、「コクがすごい!」と言葉に出たコーヒー。苦味の直後にコクが襲ってくる感じがします。香ばしい香りも魅力の1つ。「マイルドブレンド」は香りが印象的で、果実臭がします。酸味が強い。口の中全体に酸味がひろがる。酸味のすぐあとにコクが残る。

てらす珈琲「凛」と「和みブレンド」(神奈川県相模原市)

神奈川県相模原市にある「てらす珈琲」のブレンド「凛」と「和」その名の通りの珈琲の味で、とても美味しいてらす珈琲を代表するコーヒー豆と言って良いでしょう。豆がオイルで濡れているような感じにまで焙煎されている「凛」は、舌に「ビリッ」とくる強い味を感じます。「和みブレンド」は、豆のままでも酸味の香り高いコーヒー豆です。舌下から鼻に抜ける酸味が感じられます。その後、のどの上の方に苦味が感じられます。後味に特徴があり、スッキリ感があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
トップへ戻る