Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/delicoffee/deli-coffee.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

コーヒーと健康一覧

コーヒーでいろいろと研究され、また話されている健康に関するトッピックについて話します。

カリフォルニアのコーヒー発がん性物質に関する注意喚起でコーヒーまずくなるかも

訴訟大国の米国ですが、「また、やっちゃいました」という感がすごい裁判が係争中です。結論から言うと、まだ判決は出ていません。その裁判とは、「「コーヒーには、発がん性のある化学物質が含まれています」という注意喚起表示義務を怠(おこた)っている」というものです。現時点(2018年2月)では、「ヒトにおいてアクリルアミドが発がん性を持つという十分な証拠はまだ見つかっていません」。

コーヒーの脂肪分解燃焼ダイエットパワーを利用するためには クロロゲン酸編

コーヒーには強力な脂肪燃焼効果を持つ物質が含まれている。カフェイン、ニコチン酸、クロロゲン酸。特にクロロゲン酸は、花王からトクホのコーヒー飲料となり発売されている。コーヒーを飲んで、これらの脂肪燃焼効果の恩恵にあずかるには、1日3杯は飲むことが必要となってくる。

カフェインのとりすぎによる症状と慢性化、致死量、適量、注意必要な人とは

カフェイン中毒とは、短時間に大量のカフェインを摂取することによる急性の中毒症状で、不安や不眠、手足の震え、どうき、胸焼けなどを引き起こすことがある。 致死量は、5~10g程度です。カフェイン依存とは、普段から常用し、一日の摂取量が400mgを超えるような場合、強烈な頭痛、眠気、集中力の低下、疲労感などがあります。

コーヒーはその効果からくすりとされた時代もあった

コーヒーノキはどうかというと、相変わらず、賛否両論ありますが、その歴史を見てみると昔ほど医薬効果のあるものとされていたような気がします。コーヒーやその抽出物は、大昔から「くすり」としての応用がなされてきました。今ひとつ、都市伝説のように伝えられているコーヒーの効果をこのブログで明らかにしていきたいと思います。

コーヒーにはどんな効果があるのか その1覚醒作用

コーヒーのもつ急性作用のうち、最も皆さんに知られているものは「覚醒作用」と呼ばれるもので、「悪い作用」としての呼び名は「不眠」です。覚醒作用の原因はカフェインである。覚醒作用は中枢神経興奮作用とも呼ばれるもので、脳の神経細胞の活動が活性化することによる作用である。覚醒作用は接種後15分くらいから始まり2~3時間で消失する。

コーヒーは長寿の秘訣になることが欧米の大規模調査でわかった

コーヒーを飲むほど、飲まない人に比べて、死亡のリスクが低い。人種や飲み方よりも、コーヒーと長寿との間に生物学的な相関関係がある可能性が強くなった。心疾患、呼吸器疾患、脳卒中、糖尿病、腎臓病、肝臓病や男性の自殺、女性のがん、消化器疾患、循環器疾患について、死亡リスクとコーヒーの消費に逆相関が見られた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
トップへ戻る