Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/delicoffee/deli-coffee.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

コーヒー飲み方一覧

コーヒーの美味しい飲み方について研究します。

普段飲みのコーヒーをGOLDBLENDからKREISエクスプレスコーヒーにかえてみました

普段飲みのコーヒーをネスレGOLDBLENDからKREISエクスプレスコーヒーに変えました。味は、個人の好みにもよりますが、自分にはあっていると思います。近くにカルディーコーヒーがあるときには、そこで買うのがちょっとですが、お得です。近くにカルディがない人はAMAZONでお安いときに購入を。インスタントコーヒの飲み方にはコツがいる。インスタントコーヒーのアルミシールは全剥がしでおねがいします。

インスタントコーヒーのおいしい入れ方

インスタントコーヒーをおいしく入れる方法は、普段は、冷暗所に保存する。内蓋(うちぶた)は完全にきれいに剥がすこと。コーヒーカップにお好みの量のインスタントコーヒーを入れます大さじ1杯の水を入れて、スプーンでかき混ぜます。約90℃のお湯を注いで出来上がりです。

コーヒーの抽出温度や時間、挽いた粉の大きさによって味って変わりますか

コーヒーを淹れる抽出工程では、大きく2つの過程によって、味がお湯の中に移動します。その抽出過程を決めるものとして、お湯の温度、抽出時間、粉の大きさがあり、これらに関して自分のベストな条件を見つけることがおいしいコーヒを淹れるコツだということです。

コーヒーの入れ方と味の違い その2:フレンチプレス編

フレンチプレスは浸漬法の代表格的なコーヒーの淹れ方です。その特徴ゆえ、コーヒーの味を一定に保ちやすいといえます。また、味を変えることも容易に安定的に行うことができます。微粉の混入が欠点ですが、フレンチプレスを改良した(エアロプレス)や(エスプロプレス)が出されており、これからも我々においしいコーヒーを提供してくれます。

コーヒーの入れ方と味の違い その1:ペーパードリップ編

ペーパードリップは、飲んだ後の後片付けが簡単で、器具をそろえるにもお金がかからないものの、安定した味を保つことがむずかしい淹れ方です。また、その原因はコーヒーの抽出法である「透過法」にあります。透過法は、コーヒーの粉とお湯が接触する時間を一定にするために慣れやコツが必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
トップへ戻る