Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/delicoffee/deli-coffee.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

クロロゲン酸が血糖値上昇を抑える糖分解吸収の3つの段階を利用しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クロロゲン酸が血糖値上昇を抑える糖分解吸収の3つの段階を利用しよう

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

花王のヘルシアコーヒーのおかげで、一躍有名になったクロロゲン酸ですが、脂肪燃焼効果以外にも、体内で発揮する効果があります。

それは、糖の分解酵素のはたらきを阻害するという効果をはじめ3つもあります。

今日はそんなクロロゲン酸のもつこれまでとは違った効果について話します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
sponsor link

1. 糖の分解酵素(消化酵素)のはたらきを阻害する作用

糖質が含まれる食品を食べると、分解酵素(消化酵素)によってその糖質は身体が吸収できる大きさまで分解されます。(下図を参照)

その分解された糖は、小腸などの消化管から吸収され血液に移ります。

このようにして血糖値が高くなると、すい臓からインスリンが放出され、血中の糖をエネルギーとしてからだ全体に行き渡らせます。

ここで、余った糖は脂肪に変わってしまいます。残念!

血中の糖が急激に増えるとインスリンも大量に放出され、糖の脂肪細胞への取り込みも促進されます。→脂肪で太ってしまいます。

肥満予防には、急激な血糖値を上昇させないことが重要なのです

一つ目のクロロゲン酸の役目ですが、「糖の消化酵素のはたらきを阻害する作用がある」のです。(下図①)

クロロゲン酸のはたらき

図:糖が分解されるところから血糖値に反映されるまでの工程とクロロゲン酸の作用

2. 糖が消化管から血液に移るのを抑制するはたらきをもつ

2つ目のクロロゲン酸の役目は、先の工程でからだが吸収できる大きさまで分解された糖が消化管(腸)から吸収され、血液の中に移行していきます。

この血液への移行を抑制してくれるのです。

もちろんすべての糖の移行を抑制するわけではありませんが、このはたらきが、血糖値の急激な上昇を防いでくれるのです。

→肥満予防につながります。

3. 消化管から出される血糖値の上昇を抑えるホルモンGLP-1の生成を促進

3つ目のクロロゲン酸の役目は、腸などの消化管から分泌される血糖値の上昇を抑えるホルモンである「GLP-1」の生成を促進するというものです。

では、これらのクロロゲン酸の3つの恩恵を得るためには、どのような工夫が必要でしょうか。

4. クロロゲン酸のこれら3つの恩恵を得るには

浅煎り豆のコーヒーを飲むことで、多くのクロロゲン酸を摂取することができます。

焙煎の状態とクロロゲン酸の量は、以下のブログで紹介しているように、焙煎が進むに連れて、クロロゲン酸は消滅してしまいます。

そこで、浅煎りコーヒーを飲むのです。

以前のブログで詳細を確認できます。

なぜ、コーヒーは焙煎してあるのか。 あのサクランボのような赤い実を見て、実を取り出し、それを煎って粉にひいて飲んでみようと初め...

5. まとめ

  • クロロゲン酸には、糖が分解-吸収されるまでの間の3つの段階で血糖値の急上昇を抑えるはたらきがある。
  • クロロゲン酸を多くとるためには、浅煎りコーヒーを飲むとよい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
トップへ戻る