Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/delicoffee/deli-coffee.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

コーヒーアレルギーかもしれません、そのだるさ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コーヒーアレルギーかもしれません、そのだるさ

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

最近はアレルギーといえば、花粉症を代表にかなりメジャーな扱いをされるようになりまた。

40年ほど前には、「花粉症」という言葉は、存在したかもしれませんが、一般的には「アレルギー鼻炎」と呼ばれていました。

そもそも、杉の花粉をアレルゲンとして体の一部が反応し、あんなに激しい鼻水が起こるなんて考えていなかったのだと思います。

もちろん、コーヒーアレルギーなるものも存在します。

一方、昔からコーヒーと言えば「カフェイン中毒」なるものもあり、はっきりと自分の症状が、「アレルギーだ」「カフェインの副作用だ」なんて区別することもなかったと言うのが実情ではないでしょうか。

では、同じものかというと違うものです。

なので、ちゃんと見分けなければなりません。

そこで、今回はコーヒーアレルギーを説明し、症状や対処法を公開していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
sponsor link

1.コーヒーアレルギーとは

「卵」「魚介類」「小麦」などを体内に入れると、強烈な拒否反応があらわれてじん麻疹等を引き起こすことがありますよね。

同様に、コーヒーも「卵」や「魚介類」と同じように、アレルギー反応が現れる時があります。

コーヒーそのものにはアレルギーの原因はありませんが、アレルギーを誘発する物質(仮性アレルゲン)が入っていて、消化器官で代謝された代謝物に対してアレルギーが起きる場合があるのです。

また、コーヒーによるアレルギーは、「遅発性アレルギー」であることが、その特徴とされています。

「遅発性アレルギー」の反対概念として「即時性アレルギー」があります。

その名の通り、体内に入れると、即座に強いかゆみや発疹がでたり、くしゃみが出たりすることです。

短時間にその症状がでることが特徴です。

それに比べて、コーヒーアレルギーは、「遅発性アレルギー」なので、数時間から数日後に発症します。

気を付けたいのは、体調不良やじん麻疹が出てきたという時に、その原因はコーヒーによるアレルギーだと気づかないことが多いということです。

たとえば、2-3日前に飲んだコーヒーが原因で赤く腫れ上がったり、鼻水が出たり、このようなことが起こるとは思わないからです。

2.コーヒーアレルギーの症状は

コーヒーアレルギーの症状の代表は次のようなものになります。

体調不良

じん麻疹

くしゃみ・鼻水

下痢

頭痛

2-1.体調不良

コーヒーを大量に摂取して、数日経った後に「なんとなくダルイ」なんて感じたことはないでしょうか。

そのだるさ、コーヒーアレルギーかもしれません。

当然、風邪やインフルエンザなどの病気にかかっていることもあるので、基本は医者に診てもらうことです。

しかし、そのだるさがあまり強くないのであれば、毎日飲んでいたコーヒーの量を減らすとか、思い切ってやめてみて様子をみることにより改善されることがあります。

2-2.じん麻疹

じん麻疹とは、体に赤く平らな膨み(ふくらみ)が出来る事を言います。

膨らみは数十分から数時間のうちに収まりますが、このような膨らみが出たら要注意です。

蚊に刺されたような膨らみなので、それとして放置してしまうこともありますが、コーヒーの摂取を抑えることで改善されればコーヒーアレルギーの可能性もあります。

2-3. くしゃみ・鼻水

花粉症の症状の代表であるくしゃみ・鼻水は、コーヒーアレルギーでも現れる時があります。

身体が、コーヒーの成分をアレルゲンとして身体から排除しようとする働きにより起こるものです。

2-4.下痢

コーヒーを飲むと下痢やお任がゆるくなる人がいます。

原因としては、カフェインなども考えられるので、必ずしもコーヒーからのアレルゲンとは限りません。

カフェインにしろ、コーヒーからのアレルゲンにしろ、コーヒーには利尿作用などもあるので、下痢のときにはコーヒを飲むことは避けるべきです。

2-5.頭痛

頭痛の原因もアレルギーの他にカフェインが考えられます。

しかし、カフェインが原因の場合、一時的に摂取をやめれば、症状もおさまります。

コーヒーアレルギーだとすると、身体に残留しているアレルゲンによるしばらくの間、

頭痛や上述の下痢、体調不良などは続くのが特徴です。

3.コーヒーアレルギーかどうか知りたかったら

最近の検査技術の発達により、様々な検査が民間レベルでも行われるようになりました。

コーヒーアレルギー検査もその一つです。

先程述べたように、コーヒーアレルギーは「遅発性アレルギー」なので、Googleの検索窓に「遅延型フードアレルギー 検査キット」などと入れて検索すると何社かのそれが表れます。

遅延型のIgG抗体を測定して判定するこのようなキットですが、最近ではAmazonなのでも、間接的に取り扱っているようです。

4.コーヒーアレルギーだとわかったら

当然アレルゲンになるコーヒーの摂取はやめるべきです。

と同時に、医者の指導の元、食事内容に気をつけて、できるだけ、コーヒーアレルゲンから避けることが大切です。

コーヒーの直接摂取以外にも、ゼリーやキャンディーの中に使用されていますし、普段の生活の中にも注意が必要です。

5.まとめ

・コーヒーアレルギーは「遅発性アレルギー」の1種で、数時間から数日後に発症する。

よって、コーヒーアレルギーだと認識しにくい面がある。

・コーヒーアレルギーの症状の代表的なものでも、体調不良、じん麻疹、くしゃみ・鼻水、下痢、頭痛などがある。

・コーヒーアレルギーと疑うときには、医者による検査の他に、民間の会社でも「遅延型フードアレルギー検査キット」として取扱がある。

・コーヒーアレルギーだとわかったら、医者の指導の元、食事内容に気をつけて、アレルゲンを避ける必要がある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
トップへ戻る