Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/delicoffee/deli-coffee.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

コーヒーにはどんな効果があるのか その2疲労軽減作用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コーヒーにはどんな効果があるのか その2疲労軽減作用

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

このブログを書いている今日は、8月3日。

まさに真夏の暑さを体感するような一日です。

うだるようなこの暑さ、実は私「夏が大嫌いです!」。

声をにして言いたい。

でも、いくらブログ上でさけんだとしても、事態は解決されません。

皆さんはどのようにこの暑さやだるさを解決してるのでしょうか。

その答えの中に、コーヒーはありますか?

私の疲労解決策の中にはコーヒーの疲労軽減作用があります。

では、コーヒーにある疲労軽減作用とはどのようなものなのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
sponsor link

1. コーヒーで成績はアップするのか? 脳の疲労軽減

単純な足し算を行うだけの実験では、途中の15分の休憩時間にコーヒーを飲んだほうが飲まなかった人たちよりも解けた問題数や正答率ともに高くなるという傾向が見られることは有名な実験で実証されています。

1-1. 中枢神経興奮作用で頭の疲れが軽減されて成績が上がる

この結果、すなわち、コーヒーを飲んだほうが単なる足し算の結果が良かったとは、どのような作用が働いたのでしょうか。

それは、カフェインのもつ中枢神経興奮作用により、脳の疲れが軽減されて成績が上がるのです。

しかし、これはあくまで、単純作業の繰り返しでのことです。

1―2. コーヒーを飲めば勉強しなくても成績が上がるということはない

では、コーヒを飲めば勉強しなくても、むずかしい問題も解けて成績アップかというとそれは別の問題です。

また、大量に飲むと不安や焦燥感が強くなり、落ち着いて考えることを妨げる場合もあります。逆効果に働くこともあるのです。

2. 最近、記憶に対する可能性が報告されました

2014年、ホプキンス大学の記憶に関する実験により、カフェインが記憶の定着を強化するということが報告されています。

2―1. 記憶の定着を強化する作用はある

その実験では、被験者に何枚かの画像を見せて記憶させた直後にカフェインや偽薬(プラセボ)を与えて翌日にどれだけ正しく記憶しているかを確認する実験が行われました。

①一日目にしかない画像

②二日目にしかない画像

③両方に共通する画像

④一日目の画像と似ているけれど違う画像

をそれぞれ見せました。

ポイントは、この内④をそれだけ正しく見抜けるかで、長期記憶が定着したかを測ることができます。

結論としては、カフェインは覚えたものを思い出す「想起」には影響しなかったものの、記憶の定着を強化すると報告されています。

3. カフェインは運動能力に影響するのか

昔からカフェインが運動能力に影響する可能性があるとの指摘はありました。
しかし、様々な運動能力にどれだけの影響があるかは、わかっていません。

3-1. カフェインのドーピング薬としての効果

またちょっと気になるカフェインのドーピング薬としての効果ですが、アンチ・ドーピング機構でも、通常範囲の摂取であれば影響はないという意見が主流です。
しかし、野放しにされているわけではなく、尿中濃度が基準値以下ならばOKとするという中間的な扱いを受けているのが現状です。

4. 筋肉疲労の軽減

筋肉疲労の軽減に関しては、比較的信憑性が高いデータが出ています。

カフェインの摂取により、筋肉を動かすときの負担が減り、運動の上限がのびます。

たとえば、腹筋運動を行うと、30回できていた人が、カフェイン摂取により、31-32回できるようになるなどの運動限界上限がのびる効果はあります。

しかし、摂取前後での腹筋運動30回に対する運動効果は変わりありません。

つまり、同じ回数運動を行ったのでは、体に対する影響は何も変わらないのです。

コーヒーを摂取した後には、今までよりも先にある限界まで運動を行ない、その増加分の効果を受けるという限定的な効果になります。

5. まとめ

このようにカフェインには疲労軽減効果が認められます。

  • 単純作業による脳の疲労軽減作用
  • 記憶の定着を強化する作用
  • 運動の限界を少しのばす作用

これらのカフェインによる疲労軽減作用をうまく生活の中で利用していくことが重要。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
トップへ戻る