Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/delicoffee/deli-coffee.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

コーヒーを飲むと胃腸炎になりますが、大丈夫でしょうか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コーヒーを飲むと胃腸炎になりますが、大丈夫でしょうか

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

胃腸炎による腹痛。

あなたはどんな時に腹痛になりますか?

ストレス満載の会議や寒い時、作ってから時間が経った食物を食べたときなど、人それぞれです。

では、珈琲を飲んだ後に胃腸炎になったことありますか?

コーヒの後の胃腸炎、実はこれが意外に多いのです。

特に空腹にブラックコーヒーの組み合わせ。

ストレスフルな毎日を送るあなたは、珈琲を毎日5杯以上飲んでいたりしますよね。

そんな多忙に追われると同時に「最近、歳を取ってきて胃腸が弱くなってきたなあ」なんって思っていると、いきなり胃や腸が「キリキリ」と痛みだすことがあります。

これって、何が原因なのでしょうか。

ストレス?コーヒーの中のカフェイン?加齢?ウイルス?

いろいろ考えられますが、今回はコーヒーの成分に由来する原因についてのお話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
sponsor link

1.いまだにはびこるカフェイン原因説

カフェインといえば、覚醒作用が知られていますよね。

朝のボ~とした時に目覚めのコーヒーなんてよくあります。

この目覚めを起こす原因がカフェインといってよく知られている物質です。

コーヒーの世界では、長年、胃腸炎の主原因としてこのカフェインがあげられてきました。

最近の実験では、カフェインは胃腸炎の原因ではないと言われています。

では、胃腸炎の原因は何でしょうか。

2.クロロゲン酸という原因がある

今までは、胃腸炎の原因として「カフェイン説」を唱えることが多かったのですが、最近になって「クロロゲン酸説」が浮上してきています。

実は、カフェインレスコーヒーを飲み続けても同様に胃腸炎になることが、カフェイン説を否定し、たどり着いたのがクロロゲン酸説です。

3.クロロゲン酸とは何?

クロロゲン酸とは、多種類存在するコーヒーポリフェノールの1種で、コーヒーの苦味の主なものを担う成分で、カフェインの約10倍の苦味をもち、当然カフェインレスコーヒーにも含まれています。

化学的には、コーヒー酸とキナ酸が結合した物質です。

焙煎時の化学結合の仕方により類似物質ができ、10種類以上が報告されています。

4.クロロゲン酸は悪者なのですか?

そんなことはありません。コーヒー好き、特に独特の苦味を好む人にとっては、クロロゲン酸が含まれていないコーヒーなんて考えられません。

さらに、強調したいことは、「糖質分解酵素に対して、酵素活性を阻害する効果を示しています。よって、動物実験でも血糖値を優位に抑制した」という実験データが示されています。

これはどういうことかというと、クロロゲン酸を含んだコーヒーは、糖質を分解吸収することを防ぎ、糖尿病予防効果のある健康食品素材としての可能性があるということを示しています。

そのようにとても健康的な食品の成分といってよいものなのです。

決して、悪者ではありません。

5.実際にクロロゲン酸を使った健康食品ってありますか?

あの花王から、体脂肪燃焼効果をうたったヘルシア飲料の1つとして「ヘルシアCOFFEE」が発売されています。

「特定保健用食品」つまり「トクホ」として指定されています。

1本あたりクロロゲン酸270mgが含まれていますが、これはコーヒーカップ約2.5杯分のコーヒークロロゲン酸量に相当します。

たった185gの小缶を飲み干すだけで、珈琲2.5杯分のクロロゲン酸が摂取できるのです。

主な効果として、「体脂肪減少効果」と「脂肪消費量の増加」がうたわれています。

6.結局、胃腸炎の予防にはどうすれば良いの?

ここまで聞くと、胃腸炎の原因であるクロロゲン酸は一方的に体に良いとも聞こえるのですが、飲み過ぎには胃腸炎の可能性があるのです。

そこで、積極的な予防策というよりも、コーヒーを飲むときの注意として考えてくれると良いのです。

6-1.空腹時にはコーヒーを飲まない

これは鉄則です。空腹時には、クロロゲン酸が胃壁を簡単に刺激してしまうので、より直接的に胃腸炎になってしまいます。

空腹時にどうしてもという方は次の予防策を取り入れてみてはどうでしょうか。

6-2. オイル不使用の菓子などと一緒に飲む

オイル不使用というところがポイントです。

ちょっとパサパサ気味のお菓子が、このクロロゲン酸を吸収してくれます。胃壁へのアタックを少なくします。

6-3.コーヒーを飲む量を制限する。

一日のコーヒーを1~3杯程度に抑えることです。

胃腸炎が進んでいれば、当分の間、一切コーヒーを飲まないということも考えましょう。

花王ヘルシアCOFFEEに含まれているクロロゲン酸もコーヒーカップ約2.5杯分に抑えられています。

脂肪燃焼効果を売りに販売されていますが、過剰に取ったときの胃腸炎なども考えられているようです。

2本、3本と多く取ればよいというものではありません。

何事にも適量があるということです。

好きだからと言ってあまりコーヒーを飲みすぎず、適量(1~3杯程度)を守ってコーヒーライフをエンジョイすることも大切ですよ!

7. まとめ

まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
トップへ戻る