Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/delicoffee/deli-coffee.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

インスタントコーヒーのおいしい入れ方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インスタントコーヒーのおいしい入れ方

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

皆さんはインスタントコーヒーを飲んでいますか?

もしかしたら、相当のコーヒー通なので、「インスタントなんか飲むはずないよ」って行っているかもしれませんね。

私ですか?

普段からインスタントコーヒーを飲んでいます。

とは言え、みなさんとはちょっと違うかもしれません。

インスタントコーヒーにもちょっとした工夫でおいしく飲めるのです。

きょうは、インスタントコーヒーをおいしく飲みたいというあなたに、教えます。

インスタントコーヒーをおいしく飲むコツです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
sponsor link

1. インスタントコーヒーの保存方法その1―冷暗所に保存する。

単に日が当たらない場所においておくだけなのですけれど、湿度なんかもあまり高くならないように、水道管の近く、特に流しの下には置きません。

2. インスタントコーヒーの保存方法その2―内蓋(うちぶた)は完全にきれいに剥がすこと。

これを意外に知らない人が多いことに驚きます。

まずは、コーヒーが入っているビンの外蓋(そとぶた)を取ります。

最近はねじ込み式はほとんどありません。

次に、ペラペラな薄いアルミみたいな内蓋ですが、これをきれいに剥がします。

半分だけ剥がしたり、ビンの内側に沿って丸く穴を掘るように剥がす人がいますが、よくありません。

基本的には、ビンのふちの接着部も平らになるように、きれいに剥がして下さい。

内蓋の一部が残ったままだと、閉めた時に、外蓋とビンの間に隙間ができて、湿気が入りやすくなります。

一回開けたらきれいに剥がすことです。

3. コーヒーカップにお好みの量のインスタントコーヒーを入れます。

コーヒーの粉の量はお好みで良いです。

この点においしく入れるコツはありません。

4. 大さじ1杯の水を入れて、スプーンでかき混ぜます。

この時に、コーヒーの粉が「ダマ」になることがあります。

「ダマ」になりやすい場合には、同量のお湯でも構いません。

それを潰すようにかき混ぜて、濃い水コーヒー状の液体を作ります。

5. 約90℃のお湯を注いで出来上がりです。

どうです。

簡単でしょ。

なんか騙された感じしますよね。

でも、いきなりお湯を入れてつくるよりはおいしいのです。

理由は、コーヒーの中の酸味などのおいしい成分が、いきなりのお湯で蒸発してしまうからです。

そこで、まずは水で溶いて、蒸発しやすい成分を水に溶かしておきます。

そして、ホットコーヒーにするために、お湯を注ぐわけです。

いかがでしたか。

簡単でしょ。

きょう、いまからできるおいしくインスタントコーヒーを入れる方法でした。

まずは、実効あるのみです。(インスタントコーヒーを飲む人だけですけど)

6. まとめ

インスタントコーヒーをおいしく入れる方法は、

  1. 普段は、冷暗所に保存する。
  2. 内蓋(うちぶた)は完全にきれいに剥がすこと。
  3. コーヒーカップにお好みの量のインスタントコーヒーを入れます。
  4. 大さじ1杯の水を入れて、スプーンでかき混ぜます。
  5. 約90℃のお湯を注いで出来上がりです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
トップへ戻る