Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/delicoffee/deli-coffee.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

コーヒーミルのおすすめはどの方式ですか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コーヒーミルのおすすめはどの方式ですか

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

コーヒー用のミルを選ぶときには、どの方式のミルを購入すればよいか?

たしかに、悩む問題ですね。

コーヒー抽出方法も、ペーパードリップやネルドリップ、サイフォン、フレンチプレスなどがあるようにミルもいろいろありますからね。

ミルを選ぶときのポイントを見てみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
sponsor link

1. 用途、目的、使用頻度、メインテナンスの簡単さ、大きさ、予算

これらの点から見てみるのが良いのではないでしょうか。

1-1. 用途

例えば、「用途」は、家庭用か業務用(珈琲店やレストランで使用)かを考えます。

業務用としても「ロールグラインダー」を選ぶ人はいませんよね。

確かに、発熱も少なく、粉の大きさも整えることができますが、ロールグラインダーは缶コーヒー製造用などの意味での業務用ですから。

1-2. 目的、使用頻度、メインテナンス性

「目的」は、通常のコーヒーを飲むためか、エスプレッソ用かになります。

「使用頻度」は毎日使用するのか、週に一回なのか、様々ですが、頻度によりメインテナンス性にも関係してきます。

実は、あまり使用しないときにもメインテナンス性は影響します。

なぜならば、あまり使用しない場合、例えば月に一回程度であると、ミルの中に残ったコーヒーの粉が酸化して、独特の異臭を放つようになります。

月に一度しか使用しないと、毎回メインテナンスすることになります。

だから、メインテナンス性を重視しないといけません。

1-3. 大きさ、予算

大きさ、予算ははそれぞれのふところぐあいとか、置く場所などにもよってきます。

2.用途で選んでみると

たとえば、業務用としてのミル選定をすると、「フラットカッター」か「電動コニカルカッター」が適していると思います。

3. 目的で選んでみると

エスプレッソ用として、専用の電動コニカルカッターのミルを選ぶのが良いと思います。

エスプレッソ用は、「極細挽き」になるので、専用&電動が良いですよ。

4. メインテナンス性で選ぶと

「フラットカッター」は、メーカーによる構造や歯の位置の違いなどがあるので、一概にこれが良いとか悪いとはいえません。

筆者は、あるメーカのコニカルカッターを使用していますが、YouTube上にそのコニカルカッターの分解方法や組み立て方法を示した動画があるので、毎回その動画を参考にメインテナンスしています。

たまに行うものだと、忘れてしまうので、動画は重宝します。

ブレードグラインダーで注意したいのは、ブレードと呼ばれる歯が、大きく露出しているので、清掃時などは、必ず電源をOffにするとか、コンセントを抜いての作業を心がけて下さい。

指をけがしないように!

5. まとめ

  • ミルは、それぞれ長所と短所があるので、自分の用途や目的、予算などにできるだけ合ったミルを選定することが重要です。
  • エスプレッソ用には、専用の電動コニカルカッターのミルを選ぶようにしたい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
トップへ戻る