Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/delicoffee/deli-coffee.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

コーヒーにはどんな効果があるのか その1覚醒作用

コーヒーのもつ急性作用のうち、最も皆さんに知られているものは「覚醒作用」と呼ばれるもので、「悪い作用」としての呼び名は「不眠」です。覚醒作用の原因はカフェインである。覚醒作用は中枢神経興奮作用とも呼ばれるもので、脳の神経細胞の活動が活性化することによる作用である。覚醒作用は接種後15分くらいから始まり2~3時間で消失する。

コーヒーは長寿の秘訣になることが欧米の大規模調査でわかった

コーヒーを飲むほど、飲まない人に比べて、死亡のリスクが低い。人種や飲み方よりも、コーヒーと長寿との間に生物学的な相関関係がある可能性が強くなった。心疾患、呼吸器疾患、脳卒中、糖尿病、腎臓病、肝臓病や男性の自殺、女性のがん、消化器疾患、循環器疾患について、死亡リスクとコーヒーの消費に逆相関が見られた。

英大手コーヒー・チェーン3社の氷から腸内細菌が発見はダメでしょう

英国の有名な放送局であるBBCの番組「ウォッチドッグ」は英国企業の消費者問題を扱うものなのだそうです。この番組が、コスタ・コーヒー、スターバックス、カフェ・ネロの合計30店舗を調べたところ、氷入り飲料から腸内細菌が検出されたと報道したとのこと。3社とも、この事態を非常に重視し、「適切な対策」を講じると話しているようです。

コーヒーの抽出温度や時間、挽いた粉の大きさによって味って変わりますか

コーヒーを淹れる抽出工程では、大きく2つの過程によって、味がお湯の中に移動します。その抽出過程を決めるものとして、お湯の温度、抽出時間、粉の大きさがあり、これらに関して自分のベストな条件を見つけることがおいしいコーヒを淹れるコツだということです。

コーヒーの入れ方と味の違い その2:フレンチプレス編

フレンチプレスは浸漬法の代表格的なコーヒーの淹れ方です。その特徴ゆえ、コーヒーの味を一定に保ちやすいといえます。また、味を変えることも容易に安定的に行うことができます。微粉の混入が欠点ですが、フレンチプレスを改良した(エアロプレス)や(エスプロプレス)が出されており、これからも我々においしいコーヒーを提供してくれます。

コーヒーの入れ方と味の違い その1:ペーパードリップ編

ペーパードリップは、飲んだ後の後片付けが簡単で、器具をそろえるにもお金がかからないものの、安定した味を保つことがむずかしい淹れ方です。また、その原因はコーヒーの抽出法である「透過法」にあります。透過法は、コーヒーの粉とお湯が接触する時間を一定にするために慣れやコツが必要です。

コーヒー豆 アラビカ種とカネフォラ種(ロブスタ種)の違いとはどのようなものですか

コーヒーノキは、アカネ科のコーヒーノキ属に分類される植物の1つです。コーヒー豆の2大品種としてアラビカ種とカネフォラ種がある。アラビカ種は味・風味という点では優れているが、耐害虫性や耐病気性でカネフォラ種に大きく劣る。アラビカ種は高価でレギュラーコーヒーとして単体で取引されるが、カネフォラ種は安価であることなどからアイスコーヒー用として、またはブレンドコーヒー用として主に利用されている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
トップへ戻る