Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/delicoffee/deli-coffee.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

カフェインの作用一覧

コーヒーの脂肪分解燃焼ダイエットパワーを利用するためには クロロゲン酸編

コーヒーには強力な脂肪燃焼効果を持つ物質が含まれている。カフェイン、ニコチン酸、クロロゲン酸。特にクロロゲン酸は、花王からトクホのコーヒー飲料となり発売されている。コーヒーを飲んで、これらの脂肪燃焼効果の恩恵にあずかるには、1日3杯は飲むことが必要となってくる。

コーヒーにはどんな効果があるのか その1覚醒作用

コーヒーのもつ急性作用のうち、最も皆さんに知られているものは「覚醒作用」と呼ばれるもので、「悪い作用」としての呼び名は「不眠」です。覚醒作用の原因はカフェインである。覚醒作用は中枢神経興奮作用とも呼ばれるもので、脳の神経細胞の活動が活性化することによる作用である。覚醒作用は接種後15分くらいから始まり2~3時間で消失する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
トップへ戻る