クロロゲン酸一覧

コーヒーの脂肪分解燃焼ダイエットパワーを利用するためには クロロゲン酸編

コーヒーには強力な脂肪燃焼効果を持つ物質が含まれている。カフェイン、ニコチン酸、クロロゲン酸。特にクロロゲン酸は、花王からトクホのコーヒー飲料となり発売されている。コーヒーを飲んで、これらの脂肪燃焼効果の恩恵にあずかるには、1日3杯は飲むことが必要となってくる。

コーヒーを飲むと胃腸炎になりますが、大丈夫でしょうか

今までは、胃腸炎の原因として「カフェイン説」を唱えることが多かったのですが、最近になって「クロロゲン酸説」が浮上してきています。実は、カフェインレスコーヒーを飲み続けても同様に胃腸炎になることが、カフェイン説を否定し、たどり着いたのがクロロゲン酸説です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
トップへ戻る