WHO一覧

カリフォルニアのコーヒー発がん性物質に関する注意喚起でコーヒーまずくなるかも

訴訟大国の米国ですが、「また、やっちゃいました」という感がすごい裁判が係争中です。結論から言うと、まだ判決は出ていません。その裁判とは、「「コーヒーには、発がん性のある化学物質が含まれています」という注意喚起表示義務を怠(おこた)っている」というものです。現時点(2018年2月)では、「ヒトにおいてアクリルアミドが発がん性を持つという十分な証拠はまだ見つかっていません」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天モーションウィジェット2
トップへ戻る